身近な生き物


身近にいる生き物がお金になる

身近にいる生き物がお金になるのを知っていますか?何に使うの?と思うような生き物も欲しい人にはお金を出してでも買いたいとおもっています。そこで身近な生き物がいくらで売り買いされているのかヤフオクで調べて見ました。


身近な生き物の相場

自宅に庭がある人、田んぼや畑、野原があれば誰にでも見つかります。

それではどんな物がいくらで売れるかヤフオクで検索してみようと思います。

▼ミミズ

ドバミミズ 1匹30円~80円

釣り餌として需要があります。

Mサイズで30円~50円

Lサイズで60円から80円

生息場所は雑木林の北側の斜面で1時間に100匹くらい捕まえる人もいます。

シマミミズ 1匹数円

家庭で出る生ゴミを食べて肥料にしてくれたり、小魚や爬虫類の餌になったりします。

1匹数円と安いですが、繁殖が出来るので数を集めやすいです。


▼カエル

アマガエル 1匹200円~400円

ペットとしても可愛いアマガエルです。田植えの時期になると私の庭では大量発生します。

100匹であれば1時間位で捕まえられます。

アマガエルでも色が違うアマガエルもいて高額で売買されています。

■ニホンヒキガエル 1匹600円~2500円

体長7cm~17cmの大きめのカエルです。低地から山地にある森林やその周辺の草原などに生息し、農耕地や公園、民家の庭などにいます。

大きさによりますが1匹600円~2500円位です。


▼オオゲジ

■オオゲジ 1匹600円~1000円前後

オオゲジと言われても分からない人がいるかもしれませんが、ゲジゲジなら知っていると思います。

ゴキブリなどの虫を餌にしているため、古い家や神社で見つける事が出来ます。

私の家では庭にある水道の壁部分で見る事が多いです。

相場は1匹1000円前後だと思います。


▼カタツムリ

カタツムリ 1匹30円~300円

雨が降ってくると現れるカタツムリ。ペットとしても可愛いですが、最近はインスタ映えすると購入する人も多いです。

1匹30円~300円位です。大きいサイズになると値段も高くなります。

クロイワマイマイ 1匹1500円~2000円

普段見るカタツムリよりだいぶ大きいです。写真のクロイワマイマイの殻の大きさは約5cmです。

山などにいるらしく、実物をみた事はありません。殻だけでも売れます。

身近で採取出来る生き物を紹介いたしました。私の場合ほとんど自宅の庭で採取可能です。ちょっと山などに行って自然を楽しみながら採取出来れば一石二鳥だと思います。