副業の心得

就業規則を確認する


会社などに勤めている方が副業を始める場合に必ず企業規則の確認をして下さい。
2018年に働き改革などで銀行や大手通信会社なども次々に副業の認め副業を認める企業が増えましたが、全ての企業が認めている訳ではありません。
副業を禁止している企業もありますので、必ず企業規則を確認して下さい。知らなかった済む問題ではありません。

さらに副業が許可されている場合も、業種に制限されているケースがあります。特定の業種や業務のみ許可されているなどあります。
自分の勤めている会社の企業規則を必ず確認し、定められた手順を踏み副業をしましょう。

企業規則に違反またはそれに準ずる行為などした場合は、解雇や懲戒などペナルティーを課せられることもあります。
必ず、企業規則を確認して下さい。


家族の同意を得る


企業規則に副業する事に問題がないと分かり、すぐに副業をすると失敗します。
次にする事は家族からの同意を得る事です。

副業の内容や時間により、生活のリズムが変わってきます。家族の為に収入を確保したいという気持ちは悪い事ではありません。むしろ感謝される事です。
しかし、家族と過ごす時間が減り、相手に家事や生活への負担が増えます。

家族の為にする副業が家族への犠牲になるかもしれません。
家族がいる彼方必ず、職種、時間など説明し同意を求めましょう。
家族に賛成されない副業は失敗する事が多々あります。


家族の同意


副業の目的を目標を決める


副業する目的は人により様々です。
所得を増やしたい、生活費の為に、スキルアップしたい、人脈を増やしたい、将来の不安を減らしたい。
自分に+になる仕事をするようにしましょう。


本業に支障が出ないように注意する


副業を頑張る事で本業のパフォーマンスが低下し、それが原因で解雇されては意味がありません。
自分の能力を理解し、この範囲内であれば本業のパフォーマンスに影響が出ない限界を知りましょう。

副業をする事で、時間の使い方がうまくなり本業の効率も上がったという人もいます。
まず、余裕をもって出来る範囲の時間を副業にあて、そこから徐々に増やして行く事をおすすめします。
副業は本業あっての副業と理解して下さい。


税金の確認を忘れずに


所得が増えると「所得税」も増加します。当たり前ですね。
サラリーマンの場合、会社がやってくれてた事も副業を始めたら自分にしなくてはいけない事もあります。
年末調整を自分でしなくてはいけません。知らなかったでは「申告漏れ」になってしまいます。

さらい副業の収入が年間20万円を超えた場合、確定申告を行わなければいけません。
さらぶ2カ所以上の雇用(アルバイトも含む)をされる場合、複数の会社から年末調整がおこなわれないように、
副業先に「年末調整が不要」の旨を伝える必要があります。

税金で失敗しないよう、税金の事を理解する必要があります。


副業に失敗しない為 まとめ

働いていて人が副業する時に学生の頃していたアルバイト感覚で初めてしまうと失敗してしまう事があります。

5つの心得を確認しましょう。