ebayで詐欺に遭いpaypalに裏切られる

詐欺

2019年10月にebayで詐欺に遭いました。ebayはバイヤー有利と言われており、元々ちょっと怪しい人だな~っと思っていました。

追跡番号を付けて発送しないで10個送ると5個は届いていないと言われ全額返金される位です。

では私がどんな詐欺に遭い頭に来ているのか時系列を書きますね。


詐欺に遭うまでの時系列

1.商品を販売
詐欺師A(スペイン)は6月10日と15日に商品を別々に購入。

2.バイヤーに商品が到着
7月初旬に商品が到着

3.商品到着から1ヶ月後にクレーム
8月に商品のパッケージが少し開いているとクレーム
ebayでは少額の場合、自分に非が無くても一部返金や全額返金し、自分のアカウントが傷つかないようにするのがセラーの暗黙のルールです。

4.一部返金か返品
詐欺師A(スペイン)が半額返金か返品(送料は私負担)を要求

私は6月10日の商品を半額返金しました。すると6月15日分の商品も開いていたので、半額返金とのありえないクレーム。
私は新品を送っているので2つの商品が同時に開いているのに不自然を感じました。クレームも到着してから1ヶ月後でしたし・・・。1ヶ月後に商品が開封してあったと何故今更・・・?

5.私は返品後に全額返金を提案
詐欺師A(スペイン)は返品したくないようでebayにてケースをオープン。ケースをオープンされると、ほぼバイヤー有利で終わります。
しかし、この時は違いました。詐欺師は理由を商品未着で申請。
商品は届いているので、もちろんセラー(私)有利でケースが終了。

6.詐欺師Aはpaypal経由でクレーム
理由:商品が著しく違う
商品が変色しており、新品では無い。
あれ?ebayでは開封というクレームだったのにpaypalでは変色。
ここで完全に一部返金詐欺と判断しました。

この一部返金を狙うバイヤーはなかなか多いです。
バイヤー有利のebayではしょうがない。

7.paypalの審議の結果
paypalの話し合いの結果、返品後に全額返金でまとまりました。
しかし、私は詐欺師は絶対に返品してこないと思っていました。
追跡番号がアップロードされるも番号は反映されず。
やはりと思っていた時にまさかの出来事が・・・。

追跡番号が更新され、まさかの商品到着に。
急いで箱の中身を確認すると・・・

一部返金詐欺だと思っていたのに、実は返品詐欺だったのです。
商品の代わりにダンボールを商品に見立てた切れ端が複数枚。
おそらく、商品の重さと同じにして送ったと思います。

急いでpaypalに電話。商品到着後に自動で返金されてしまう為。
担当してくれたスタッフは
「至急この事を記載しておきます。
安心して下さい。すぐに返金される事はありません。」

安心して就寝。しかし朝起きてみてびっくり。
なんと全額返金されているではありませんか・・・。
paypalスタッフはすぐに返金されないと約束したのに、数時間後に全額返金。
まさかでした。

そこで再びpaypalに電話。
そこで別の担当のスタッフ優秀でした。
警察に被害届けを提出すれば、異議を申し立てる事が出来る。

私は警察署に相談しに行きました。
そこで、まさかの警察が詐欺の味方?と思う仕打ちを受けてきました。
本当にひどい。文が長くなってしまいましたので、次回に書きます。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA